軟便や下痢に悩む猫にはどんなキャットフードが良いの?

2015y02m12d_184225712

軟便・下痢に悩む猫ちゃんにはどんなキャットフードを与えれば良いのか、またどんなキャットフードが軟便・下痢の原因となるのかを紹介させて頂きます。

キャットフードは軟便・下痢の原因になる

穀物が多いキャットフード
急激なフードの切り替え
相性が悪い

キャットフードが原因となり軟便や下痢になる場合は主に3つが大きな原因です。その3つとは「穀物が多いキャットフード」「急激なキャットフードの切り替え」「相性が悪い」の3つです。

一番多いのが穀物主体のキャットフードです。穀物はもともと猫にとって消化しにくい食べ物ですので、ほとんど消化吸収されず体外に排出されてしまうので、便の量が多くなったり、便が柔らかく軟便・下痢になってしまうのです。

そして穀物が多くないフードの場合でも猫との相性が悪く下痢や軟便になることもあります。ネコそれぞれによって体質は違いますので、そのこそのこにあったキャットフードは当然異なります。そのためそのこの体質に合っていないキャットフードを与えると軟便・下痢になることがあるのです。

または慣れの問題です。今まで食べていたキャットフードに体が慣れてしまっているために、新しいキャットフードへと急激に切り替えると体がびっくりしてしまい下痢や軟便になることがあるのです。

キャットフードで軟便・下痢を改善する方法

キャットフードで軟便・下痢を改善するために一番大切な事は、穀物主体のキャットフードから肉主体のキャットフードに切り替えることです。

穀物は猫の消化吸収に劣っていますので、消化吸収に優れた素材を使用している肉主体のキャットフードに切り替えましょう。しっかり吸収される素材を使用しているキャットフードであれば消化しにくい穀物主体のキャットフードとは違い、給餌量が少なく済みますし、便の量も少なく適度な硬さに収まります。

ただ、もちろん切り替え後すぐに上手くいくとは限りません。ネコちゃんによって相性が良い、悪いが有りますし、今までのフードに体が慣れてしまっているために新しいキャットフードに切り替えることで体がびっくりして軟便・下痢が一時的に起こることもあります。そのため、切り替え後すぐは慣れるまで焦らず猫ちゃんの様子を見てあげましょう。「せっかく変えたのに軟便になった・・・他のフードも試してみよう!」と焦っても、また同じこの繰り返しになりフードビプシーに陥ってしまいますので、まずは落ち着いて様子を見てみることが大切です。

また、肉主体のキャットフードに切り替えたのに軟便・下痢が改善されない、或いは逆に軟便・下痢になってしまったという方はもう一度原材料をしっかり確認してみましょう。そこに、トウモロコシや小麦、米などの穀類が多く記載されていないかどうか。穀類がほとんど記載されていないにも関わらず軟便・下痢が続くようであれば、それはどのフードに相性が良くないことから起こっている可能性がありますので、他のフードを試してみましょう。

キャットフードおすすめランキング【評判の良い無添加フード】

キャットフードは各ライフステージ(子猫・成猫・老猫)によっても選び方が異なります。
猫が本来求めている栄養素は基本的には一緒なので、必要な栄養素が水準と比較してどうなのかもチェックが必要です。

その他にも国産、外国産やウェットタイプ、ドライタイプなど様々な種類があるので飼い猫に合ったキャットフード選びが重要になります。

以下のページにて評判の良い無添加フードをランキング形式でご紹介するので是非ご覧ください。


キャットフードおすすめランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>