穀物一切不使用グレインフリーのキャットフードが選ばれている理由

2015y01m13d_211231676

キャットフードには穀物一切不使用のグレインフリーというものがあります。今回はグレインフリーキャットフードが選ばれている理由を紹介させて頂きます。

穀物はそもそも猫に不向き

穀物は正直猫には不向きです。

多くのキャットフードにはトウモロコシ、小麦、米、玄米など数多くの穀類が使用されています。そのため猫にも穀物が必要で、穀物が重要な栄養素として機能していると考えてしまう方がいますが、穀物はそもそも猫にはあまり必要ありません。

猫は肉食動物であり、動物性タンパク質が豊富な肉や魚を主食としていた動物ですので、穀物を食べる習慣がなく、穀物を消化するのが非常に苦手なんです。そのため穀物が多く使用されているキャットフードは本来は猫にとって良くない餌なんですよね。

多くのキャットフードで穀物が多く使用されるのは経費削減のためです。メーカーはタンパク質を確保するために肉や魚より遥かに仕入コストの安い穀類で経費を抑え、穀類でかさましをするのです。そのため猫の健康を本気で考えているメーカーのキャットフードほど穀類が少ない傾向にあります。

穀物はアレルギーの原因になり得る

穀物はアレルギーの原因となり得ます。

そのためアレルギー対策フードでは極力アレルギー症状を起こしやすい穀類は使用されておりませんし、穀物を一切使用していないグレインフリーのキャットフードはアレルギーが多い猫を飼っている飼い主さんに重宝されているんです。

それにアレルギーだけではなく、消化しにくい穀類が原因となり、嘔吐や下痢を引き起こすこともありますので、出来れば消化が難しい穀物が使用されているキャットフードより穀物が一切使用されていないグレインフリーキャットフードの方が良いのです。

迷ったら穀物不使用のキャットフード

穀物を使用していないキャットフードと使用しているキャットフードで迷ったらオススメはやはり穀物一切不使用のグレインフリーキャットフードです。

猫の消化に優しいですし、アレルギーを抑えることが出来ますし、何より猫が求める動物性タンパク質を肉や魚でしっかり確保することが出来るので、穀類でかさましをしていない猫の栄養に本気で向き合った穀物一切不使用のキャットフードが良いでしょう。

キャットフードおすすめランキング【評判の良い無添加フード】

キャットフードは各ライフステージ(子猫・成猫・老猫)によっても選び方が異なります。
猫が本来求めている栄養素は基本的には一緒なので、必要な栄養素が水準と比較してどうなのかもチェックが必要です。

その他にも国産、外国産やウェットタイプ、ドライタイプなど様々な種類があるので飼い猫に合ったキャットフード選びが重要になります。

以下のページにて評判の良い無添加フードをランキング形式でご紹介するので是非ご覧ください。


キャットフードおすすめランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>