猫の尿路疾患尿結石を予防するために大切な事【低マグネシウムは本当に大事!?】

2015y01m14d_154738926

猫の病気と言えば尿路疾患である尿結石が有名です。そんな尿路疾患を予防するためには出来る限り低マグネシウムのキャットフードを選ぶことが大切だと思われていますが、本当にそうなのでしょうか。

マグネシウムは必要な栄養素

マグネシウムは取り過ぎは良くありません。

マグネシウムの過剰摂取により猫が尿路疾患を招きやすくなるのは事実ですので、尿路疾患予防として低マグネシウムのキャットフードを選ぶことは間違ってはいません。ただ、マグネシウムは不必要な栄養素ではありません。

マグネシウムはカルシウム同様に歯や骨の形成にかかわっていますし、代謝の促進、神経伝達物質の生成にも関わっている重要なミネラルですので、マグネシウムを適度に摂取することは欠かせないことなんです。

低マグネシウムよりも動物性タンパク源が重要

尿路疾患を予防するためにはしっかり動物性タンパク質を与えることが大切です。

尿路疾患はアルカリ性に傾いた尿とマグネシウムとの組み合わせにより発症します。そのためどんなにマグネシウムを低く抑えていても尿が酸性よりではなくアルカリ性よりに傾いてしまっていては尿路疾患になりやすくなるのです。

そして尿をアルカリ性に傾けるのが植物性タンパク質です。穀類が多いキャットフードは植物性タンパク質が多いので、尿がアルカリ性に傾きやすく尿路疾患を招きやすい環境を作ってしまうのです。一方、動物性タンパク質は尿を酸性よりに傾けます。そのため尿路疾患尿路結石を予防するためには低マグネシウムだけではなく動物性タンパク質を与えてあげることを意識することが大切なんです。

キャットフードは多くが穀類つまり植物性タンパク質が多いフードばかりですので、尿路疾患が気になる方は動物性タンパク質つまり肉や魚が多いフードを選ぶようにしておきましょう。

また、マグネシウムに関しては多くのキャットフードが過剰な配合はしていません。必要な適量のマグネシウムしか配合していませんので、キャットフード選びではマグネシウムの数値に過剰になる必要はありません。むしろそれよりも尿をアルカリ性に傾ける植物性タンパク質が多い穀類中心のキャットフードに注意しておきましょう。キャットフードはコストを抑えるために多くの穀類が使用されていますので、しっかり原材料をチェックして穀類が少なく動物性タンパク質である肉や魚が中心のフードを見分けられるようにしておきましょう。

キャットフードおすすめランキング【評判の良い無添加フード】

キャットフードは各ライフステージ(子猫・成猫・老猫)によっても選び方が異なります。
猫が本来求めている栄養素は基本的には一緒なので、必要な栄養素が水準と比較してどうなのかもチェックが必要です。

その他にも国産、外国産やウェットタイプ、ドライタイプなど様々な種類があるので飼い猫に合ったキャットフード選びが重要になります。

以下のページにて評判の良い無添加フードをランキング形式でご紹介するので是非ご覧ください。


キャットフードおすすめランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>