ユーカヌバキャットフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2015y01m08d_150830212

ユーカヌバキャットフードの気になる原材料・成分をチェックしつつ、一緒に気になっている口コミや評判を紹介させて頂きます。ユーカヌバを検討されている方は参考にしてみてください。

ユーカヌバキャットフードの原材料・成分チェック

原材料

鶏肉、鶏副産物粉、トウモロコシ粉、粗びきトウモロコシ、乾燥ビートパルプ、乾燥卵、動物性油脂、動物性エキス、フィッシュオイル、フラクトオリゴ糖、発酵用乾燥酵母、食塩、重亜硫酸ナトリウム、DL-メチオニン、ビタミン類(塩化コリン、E、ナイアシン、C、A、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B1、B6、 B12、B2、イノシトール、D3、葉酸)、タウリン、ミネラル類(塩化カリウム、酸化亜鉛、硫酸マンガン、硫酸銅、ヨウ化カリウム、炭酸コバルト、炭酸カルシウム)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

成分

たんぱく質 34.0%以上
脂質 21.0%以上
水分 10.0%
粗繊維 2.5%以下
灰分 8.0%以下
マグネシウム 0.1%以下
タウリン 0.16%以上
オメガー6脂肪酸 1.4%以上
オメガー3脂肪酸 0.28%以上

 

ユーカヌバでまず気になったのが原材料の二番目に鶏副産物粉が記載されていること。副産物とは肉以外の部分を指すのですが、副産物には人間が食べられなかった部分が使用されてることがありますので、出来れば副産物というのは避けたいものです。それに粉の状態でメーカーが仕入れているという事になりますので、どんな副産物が粉になっているのかも分かりませんので、不安材料と言えます。

そして3番目にはトウモロコシ粉、4番目に粗びきトウモロコシ粉とあり、トウモロコシが結構な量入れられていますが、トウモロコシは消化しにくい食材なので、出来れば無しの方が良いでしょう。

そのほかには何の動物か分からない動物性油脂、便秘になる可能性があり賛否両論のあるビートパルプが原材料に使用されている点が気になる点です。

ユーカヌバキャットフードの口コミ・評判

1.ウチのにゃんこはずっとユーカヌバで他のを食べるとちょっとお腹が・・・・

2.食べないキャットフードが一袋あまってしまいました。子猫用なので周りにあげる人もいません捨てるのも勿体無いし…ちなみにユーカヌバです。

3.私のお奨めは、「ユーカヌバ」

4.口の周りを両手でこすり始めたのです。アレルギーかも?

ユーカヌバキャットフードは「他のフードに換えると便やお腹の状態が悪くなる」「ユーカヌバで問題無い」「ユーカヌバがオススメ」などユーカヌバを推す声が結構見られました。食いつきが良くないなどの意見もありましたが、それは猫ちゃんの体質や好み次第でしょう。

また、ユーカヌバにしてからアレルギー症状らしきものが出てきたとの口コミもありましたが、どのキャットフードにも猫ちゃんの体質次第でアレルギー反応が出てくることがありますので、アレルギー反応が出てきた際には一度そのフードを与えるのを辞めてみるのが良いでしょう。ネコのアレルギーはその子その子によってどんな食材に反応するのか違いますので、どんな良いフードであってもアレルギー反応が起こり得ることがあります。

キャットフードおすすめランキング【評判の良い無添加フード】

キャットフードは各ライフステージ(子猫・成猫・老猫)によっても選び方が異なります。
猫が本来求めている栄養素は基本的には一緒なので、必要な栄養素が水準と比較してどうなのかもチェックが必要です。

その他にも国産、外国産やウェットタイプ、ドライタイプなど様々な種類があるので飼い猫に合ったキャットフード選びが重要になります。

以下のページにて評判の良い無添加フードをランキング形式でご紹介するので是非ご覧ください。


キャットフードおすすめランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>