ジェーピースタイルキャットフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2015y01m08d_171647794

日清製粉グループ日清ペットフードのジェイピースタイルキャットフードの原材料・成分をチェックしつつ、口コミ・評判を紹介させて頂きます。

ジェイピースタイルキャットフードの原材料・成分チェック

原材料

小麦全粒粉、チキンミール、でんぷん、削り節ミール、ビーフオイル、馬鈴薯たんぱく、コーングルテンミール、ビートパルプ、ホミニーフィード、中白糠、粉末セルロース、フィッシュパウダー、フィッシュオイル、小麦粉、イソオリゴ糖、β-グルカン、ユッカ抽出物、有胞子性乳酸菌、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、塩素、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、フマル酸、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、コリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

成分

粗たんぱく質:30.0%以上、粗脂肪:12.0%以上、粗繊維:5.0%以下、粗灰分:9.0%以下、水分:10.0%以下、食物繊維:8.0%(標準値)、マグネシウム:0.09%(標準値)

ジェーピースタイルキャットフードは原材料の一番最初に小麦全粒粉が記載されています。小麦全粒粉は小麦粉よりは栄養価が高くて良いのですが、そもそも小麦はアレルギーの原因となりやすいので、アレルギーが気になっている方には不向きと言えます。もちろん小麦でもアレルギー反応が起こらない子はいますが。

ただ、原材料の一番最初の箇所に小麦全粒粉が記載されているということは小麦が最も多く使用されている原材料ということになりますので、高たんぱくを必要とする猫にとっては微妙です。出来れば一番最初には小麦のような穀物ではなく魚或いは肉のような動物性タンパク源となる食材が記載されていてほしいところです。

また2番目に記載されているチキンミールが重要な動物性タンパク源となる訳ですが、一般的に○○ミールのような肉は副産物も入っていることがありますので、質が良い食材とは言えません。そのため可能であれば一番最初に肉が記載されており、かつ○○ミールのようなものではなく鶏肉やチキンのような記載のフードの方が良いでしょう。

ジェーピースタイルキャットフードの口コミ・評判

1.あまり好きではないよう

2.便の量が増えました。

ジャーピースタイルはあまり食いつきが良くないようです。原材料を見ても分かりますが、小麦がメインになっていますので、肉食である猫ちゃんの食欲をあまり駆り立てられないのでしょう。ネコは本来肉食動物ですから穀物が多いキャットフードと肉が多いキャットフードであれば当然ながら肉が多く使用されているフードに食いつきます。なので、穀物が原材料の一番最初に記載されているフードの場合、猫の食いつきがあまり良くない、或いは美味しそうに食べてくれないということが良くあります。

また、便の量が増えたという声も多いのですが、これは猫が消化しずらい小麦が使用されていることが一因だと思います。消化出来ないものはそのまま便として排出されてしまいますからね。

キャットフードおすすめランキング【評判の良い無添加フード】

キャットフードは各ライフステージ(子猫・成猫・老猫)によっても選び方が異なります。
猫が本来求めている栄養素は基本的には一緒なので、必要な栄養素が水準と比較してどうなのかもチェックが必要です。

その他にも国産、外国産やウェットタイプ、ドライタイプなど様々な種類があるので飼い猫に合ったキャットフード選びが重要になります。

以下のページにて評判の良い無添加フードをランキング形式でご紹介するので是非ご覧ください。


キャットフードおすすめランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>