キャットフードのスムーズな切り替え方法と注意事項

2015y02m12d_144630384

キャットフードのスムーズな切り替え方と切り替え時の注意事項を紹介させて頂きます。現在のフードから新しいフードに切り替えを検討している方は是非参考にしてみてください。

キャットフードの切り替え方

キャットフードの切り替えは焦らないことが大切です。

キャットフードをAからBに切り替える場合はいきなり完全にAを辞めてBに切り替えるというのはオススメ出来ません。いきなり全く異なるフードに切り替えを行うと猫ちゃんの体調を崩す原因になってしまいます。

そのためキャットフードを切り替える際には徐々に切り替えていく、新しいフードを猫に徐々に慣らしていくという事が大切です。与えるキャットフードを100%とすればAを90%、新しいBを10%の配分で与えてみて、次はBを20%、その次はBを30%といったように徐々にBの配分を増やしながらキャットフードを切り替えるようにすると愛猫の体調を崩すことなくスムーズに切り替えが出来ます。切り替え時はどうしても、すぐ全部を切り替えてしまいがちですが、そこはゆっくりじっくり慣らすように切り替えましょう。

キャットフード切り替え時の注意事項

徐々に切り替える事
食い付きが悪くても焦らない
体調の変化があっても様子を見る

キャットフードの切り替えの際にはどうしてもちょっとした変化が起こることがあります。特に食い付きが良くない、便が軟便になったなど些細な変化が起こることが多いです。

今まで食べていたキャットフードとは原材料や成分量が異なるために、慣れていないフードを警戒してしまったり、便が柔らかくなってしまったりという事があります。これらはフードが新しいものに切り替わり慣れるまではどんなフードでも起こりえることですので、すぐに「この新しいフードはダメだな」と判断してしまわないようにしましょう。

例え合成添加物が多いフードから無添加のフードに切り替えたとしてもこのような事はお声りえるのです。添加物が多いフードに慣れていると添加物である香料の風味に慣れてしまったり、便が硬くなる原材料に慣れてしまったりすることで、良いフードである無添加フードを口にすることで違和感を感じ食い付きが悪くなったり、軟便になったりすることがあります。ただ、これらは今までのフードの慣れが影響しているので、新しいフードに慣れてしまえば改善されるものです。

そのため、新しいフードへ切り替えた際に気になる変化があったとしてもすぐに他のフードへの検討をせず少し慣れるまでは様子を見てみましょう。

キャットフードおすすめランキング【評判の良い無添加フード】

キャットフードは各ライフステージ(子猫・成猫・老猫)によっても選び方が異なります。
猫が本来求めている栄養素は基本的には一緒なので、必要な栄養素が水準と比較してどうなのかもチェックが必要です。

その他にも国産、外国産やウェットタイプ、ドライタイプなど様々な種類があるので飼い猫に合ったキャットフード選びが重要になります。

以下のページにて評判の良い無添加フードをランキング形式でご紹介するので是非ご覧ください。


キャットフードおすすめランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>