キャットフードのおすすめは小粒?安全で評判の良いドライタイプフードを比較してみた

「キャットフードの粒が小さいタイプのものがあるけど大粒のタイプとの違いはあるの?」
「小粒タイプのおすすめはどんなフード?」

キャットフードについて調べたもしくは店頭で見かけた際に、粒の大きさが気になったことはありませんか?
実はフードが小粒なのにはわけがあるんです。

そこで今回は、小粒タイプのキャットフードについて適している猫の特徴や大粒タイプとの違い、おすすめの小粒タイプのキャットフードについてご紹介したいと思います。

この記事で分かること

  • 小粒タイプのキャットフードの特徴
  • 大粒タイプと小粒タイプの違い
  • おすすめの小粒タイプのキャットフード

小粒のキャットフードが適している猫の特徴

Grey kitten eating kibble on white background

まず、はじめに小粒タイプがどんな猫に適しているかをご紹介します。
あくまで適しているだけなので、これに当てはまらなければ与えてはいけないということはありません。

  • 生後1〜2ヶ月の子猫
  • 噛む力の衰えたシニア
  • 体の小さい小型種

①:授乳期を終えた子猫

猫は生後1〜2ヶ月で歯が強くなってきます。2ヶ月くらいまでにはだいたい歯が生え揃うので、その時期からドライフードに切り替えていくことになります。

子猫は成猫よりも消費カロリーが多く、成長期に体を強くするため成猫より栄養とカロリーが必要になってくるので高タンパクなチキンやターキーなどのお肉を使っているフードが良いですね。
もちろん、いきなりそのまま与えずにお湯などでふやかして徐々に与えていきましょう。

②:噛む力の衰えたシニア

逆に高齢になってきたシニアにも小粒のキャットフードはおすすめです。

顎の力が弱くなってきたシニアは、硬いドライフードを噛み切れずに丸呑みしてまう傾向があります。
猫は性質上丸呑みしがちな生き物なので、うまく喉に通らなかった場合吐き戻してしまうことがあります。

そんな時、小粒であれば吐き戻す可能性は高いですが、うまく消化されない場合があるのでそんな時は子猫と同様にふやかしてあげましょう。

③:体の小さい小型種

重複しますが、猫は丸呑みしがちな動物で丸呑み自体はなんら問題はありません。

しかし、小型の体の小さい猫であれば、フードの粒が大きすぎるとうまく飲み込めず吐き戻してしまいますので小粒のものが食べやすいですし、消化しやすいです。

大粒タイプとの比較小粒タイプのキャットフードのメリット

ドライタイプのキャットフード

次に大粒タイプの違いと小粒タイプのメリットについて紹介します。

大粒タイプとの違いは以下の通りです。

  • フードの食べやすさ
  • 給餌量の調節しやすさ

詳しく見ていきましょう。

①:フードの食べやすさ

まず、大粒のキャットフードは口が小さい猫の場合は噛みにくく、そのまま飲み込んでしまう可能性があります。
その際に、食道をうまく通らなかった場合身を守るために吐き戻してしまいます。

小粒タイプはそのまま飲んでも喉を通りやすいサイズなので、吐き戻すということが少なくなるんです。
ただ、コロコロと転がってしまい口に運ぶのが大変なので、深皿に入れてあげると食べやすくなりますよ。

②:給餌量の調節しやすさ

猫の体調によってはフードの量を調節しなければいけないことがあります。
そんな時、小粒タイプのキャットフードは何グラムなどの細かい微調整が行いやすいです。

小粒タイプに切り替える方法とタイミング

2015y04m07d_155528965

次に小粒タイプに切り替える際の方法とタイミングについてご紹介します。
小粒タイプでなくても他のものに切り替える際にも以下のやり方での切り替えがおすすめです。

  • 食いつきが悪くても続けて与えてみる
  • 急に切り替えず時間をかけて徐々に切り替える
  • 切り替え期間の目安

①:食いつきが悪くても続けて与えてみる

猫に限らずですが、急にフードを変えてもいつものと違うことを警戒して食いついてくれない場合があります。

そんな時、すぐに元に戻したり別のものに変えたりすると、「食べなければもっといいものが出てくる」と認識してしまいます。
すぐに食いつかなくても根気強く与えて様子を見るようにしましょう。

急に切り替えずに前のフードに少し混ぜて慣れさせてみるのも効果的ですよ。

もし、どうしても食べなかったり何回も吐き戻してしまう場合は病気の可能性もありますので獣医さんの診察を受けてみましょう。

②:急に切り替えず時間をかけて徐々に切り替える

少し触れましたが、新しいフードを急に与えると、猫の体に負担がかかり健康状態を悪化させてしまう場合があります。

主な状態としては

  • 吐き戻し
  • 消化器官への負担
  • 下痢や柔便

などがあります。
これらのリスクを回避するためにも、前のフードに少量ずつ混ぜて徐々に新しいフードの割合を増やしていきましょう。

③:切り替え期間の目安

具体的な切り替え期間については、期間を長く取れば負担軽減になりますが大変なのでだいたい2〜3週間がちょうど良いでしょう。

この期間の間にいつも与えていたフードに新しいフードを混ぜ、少しずつ割合を増やして最終的には新しいフードのみになるようにしていくのが理想です。

【ドライタイプ】安全性の高いおすすめの小粒キャットフードをタイプ別に比較

Gray kitten eating cat food from a yellow bowl.

次に小粒タイプのキャットフードについていろんな商品を比較してみたいと思います。

店頭で購入できる市販品や通販で購入できる高品質なものなど、色々あるので状況に合わせて参考にしてみてください!

店頭で購入できる市販の小粒キャットフード

店頭で購入できる市販品のキャットフードです。
よく、市販品は低品質で粗悪なものが多いと言われることが多いですが、ものによっては充分な品質なものもありますので成分や原材料で決めるようにしましょう!

  • ヒルズ サイエンスダイエット
  • ニュートロナチュラルチョイス
  • ピュリナワン

ヒルズ サイエンスダイエット

ヒルズサイエンスダイエット

    

商品名 ヒルズサイエンスダイエット
金額(最低単価) 1,354円
容量 1.8kg
主な原材料 ・トリ肉(チキン、ターキー) ・トウモロコシ ・小麦
主な成分 ・タンパク質:34.1% ・脂質:8.5% ・オメガ3:42.9%
購入方法 通販・店頭

獣医も進めるサイエンスダイエット。今回紹介するのは成猫用のチキンがメインになっているものです。
この他にも子猫用やシニア用、去勢後の栄養補給用と種類は様々です。

原材料にはチキンやターキーを使っており、肉食動物本来の動物性タンパク質を摂取することができますが炭水化物の割合が多く与えすぎると肥満になってしまう可能性があります。

また、トウモロコシや小麦などアレルギーが発生しやすい穀物が含まれているのも少し残念なポイントですね。

ヒルズサイエンスダイエットの購入はこちらから

ニュートロナチュラルチョイス

スクリーンショット 2018-06-28 16.18.48

    

商品名 ニュートロナチュラルチョイス室内用アダルトチキン
金額(最低単価) 2,602円
容量 2.0kg
主な原材料 ・チキン ・ビートパルプ ・亜麻仁
主な成分 ・タンパク質:33% ・脂質:14.0% ・マグネシウム:0.1%
購入方法 通販・店頭

こちらも様々な種類が展開されているナチュラルチョイスシリーズ。
違いは主に主原料でその他の原料には大きな違いは見られません。

原料にチキンを使用しており、良質な動物性タンパク質が摂取できるものの、ビートパルプなどの繊維質が含まれているのが気になります。

繊維質は腸内環境を整え、便臭を抑えてくれる働きがありますが猫は腸が短く繊維質の消化分解があまり得意ではありません。
室内猫の臭いが気になる・改善したい方は購入してみても良いかもしれません。

ニュートロナチュラルチョイス室内猫用 アダルト チキンの購入はこちら

ピュリナワン

スクリーンショット 2018-06-28 17.27.49

    

商品名
金額(最低単価) 1,545円
容量 2.2kg
主な原材料 ・チキン ・家禽ミール ・トウモロコシ
主な成分 ・タンパク質:33% ・脂肪:13%
購入方法 通販・店頭

栄養バランスを考慮したキャットフードで、価格もお手頃でお買い求め安いですね。

お肉はチキンを使用していますが、そのほかにも家禽ミールといったものも含まれています。
〜ミールとは精肉工場などで省かれる極端な言い方をすれば、くず肉を寄せ集めて添加物を大量に混ぜたものです。

もちろん健康に良いことはないので、トウモロコシが含まれていることと合わせてマイナス部分かなと思います。

ピュリナワンの購入はこちらから

より安全性に特化した評判の良い小粒キャットフード

次に安全性に特化した小粒キャットフードを紹介したいと思います。
市販で購入できるものより、原材料や成分に優れた高価なプレミアムキャットフードですが健康面で重視するなら検討の候補に入れておきたいキャットフードです。

  • モグニャン
  • カナガン
  • シンプリー

モグニャン

スクリーンショット 2018-06-28 22.37.39

    

商品名 モグニャンキャットフード
金額(最低単価) 3,960円
容量 1.5kg
主な原材料 ・白身魚(63%) ・サツマイモ ・サーモンオイル
主な成分 ・粗タンパク質:30% ・オメガ6:2.95% ・オメガ3:2.08%
購入方法 通販

白身魚が主成分のモグニャンキャットフード。
お魚はチキンやターキーなどの肉類より低カロリーなので、肥満対策をしなければならない成猫におすすめです。

注目すべき成分はオメガ3やオメガ6が多く含まれている点。これによりアレルギーや心臓病予防にもなりますし、皮膚や毛艶が綺麗にしてくれる働きがあります。

モグニャンキャットフードの購入はこちらから

カナガン

2015y01m07d_131008217

    

商品名 カナガンキャットフード
金額(最低単価) 3,960円
容量 1.5kg
主な原材料 ・乾燥チキン ・サツマイモ ・サーモンオイル
主な成分 ・タンパク質:37% ・脂質:20.0% ・マグネシウム:0.09%
購入方法 通販

ネットではやたらと持ち上げられているカナガンキャットフードですが、実際の原材料や成分を見てみるとそこまで持ち上げられるほど特筆すべきところはありませんが、決して悪くないフードです。

メインはチキンで穀物類の代わりにサツマイモやジャガイモが使われています。
炭水化物の摂りすぎは、肥満の原因となるので様子を見ながらの調節が必要です。

カナガンキャットフードの購入はこちらから

シンプリー

シンプリー

    

商品名 シンプリーキャットフード
金額(最低単価) 3,960円
容量 1.5kg
主な原材料 ・サーモン(31%) ・サツマイモ ・乾燥ニシン
主な成分 ・タンパク質:37% ・脂質:20.0% ・オメガ3:3.89%
購入方法 通販

魚が主原料のシンプリーキャットフードは高タンパク低カロリーの肥満予防にぴったりのキャットフードです。
魚が主原料とあってオメガ3とオメガ6の含有率が高めです。

シンプリーキャットフードの購入はこちらから

キャットフードはいろんなフードを見て判断するのがおすすめ

今回は小粒タイプのキャットフードをご紹介しましたが、キャットフードはいろんなフードを調べてみるとより飼い猫にあったキャットフードが見つけやすくなりますよ!

以下の記事でもおすすめのキャットフードを紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

関連記事:キャットフードおすすめランキング【評判の良い無添加フード】

小粒のドライフードは子猫に最適!安心安全なフードで体づくりを

今回は小粒タイプのかキャットフードについて紹介してきましたが、小粒タイプのキャットフードは食べやすさ的に子猫や体の小さい猫におすすめです。

もちろん、そうでなければ与えてはいけないということではなく、強いていうなら程度なので頭の片隅置いておくぐらいで問題ないです。
最近のキャットフードは食べやすさを意識しているのか小粒のものが多い気がします。

新しいフードへの切り替えを検討している方は、今回紹介した商品を参考にしてみてくださいね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>