ねこ元気キャットフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2015y01m08d_204611306

ユニチャームより発売されているねこ元気キャットフードの原材料・成分の解説とともに、口コミ・評判をまとめて紹介させて頂きます。

ねこ元気キャットフードの原材料・成分チェック

原材料

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉、小麦)、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキスパウダー、ポークエキス等)、豆類(大豆大豆)、魚介類(フィッシュエキスパウダー、フィッシュミール、白身魚ミール、マグロミール、カツオミール等)、動物性油脂、酵母エキスパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、セレン、亜鉛)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、)、着色料(二酸化チタン、赤色40号、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、イノシトール、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

成分

タンパク質 30.0%以上
脂質 9.0%以上
粗繊維 3.0%以下
粗灰分 9.0%以下
水分 10.0%以下
エネルギー 約350kcal(100gあたり)

主原料が穀物であることが残念なキャットフードです。ねこ元気のもっとも多く使用されている原材料は上記を見れば分かりますが、穀物です。トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉、小麦など多くの穀物が使用されていますので、その分、肉、魚はおまけという感じになってしまっています。そうなると肉食動物であり高たんぱくの食事を求めている猫には良いフードとは言い難いです。タンパク質は猫の成長を支える重要な栄養素ですので、出来るだけ高たんぱくのフードを選ぶのが良いです。

また猫元気は○○ミールという粉状の原材料が多いですが、これは粉状の状態のものを仕入れて原材料として利用していることを意味しています。つまりどこかから粉状のものを買ってきてそれを原材料そして使っているのです。そうなってくると粉状のものにはどんなものが混ざっているのか、どんな品質の肉や魚が使用されているのか分からないために、栄養価が心配です。

それに着色料をこれでもかとばかりに多く使用しているのも残念です。

ねこ元気キャットフードの口コミ・評判

1.ねこ元気は「穀類」が一番最初に記載されていると思います。
原材料表示は含有量の多い順に記載されています。つまりねこ元気は穀物が一番たくさん入っているフード、ということです。猫の食性から考えるとこれは少々問題アリです。

2.ネコ元気を食べさせています。安いので多分まずいと思います。ので、あまり食べてくれませんが、気が向くとポリポリ食べています

3.ねこ元気を作っている、ユニチャ●ムペットケアというメーカーは
HPを見ても、やたら種類ばかり多くてどんな工場で作っているのかさっぱりわからないし研究機関も持って無いようですし私は、あまり与えたくないメーカーですね。

4.今、ノルウェージャンフォレストキャットを飼っているんですがなかなか大きくなりません。いま八ヶ月で2、4キロです 。今はねこ元気を食べています

ねこ元気は穀物が多く使用されていることや着色料が使用されていることからねこ元気を勧めるような声は見られませんでした。ねこ元気を与えている人でさえも「ねこ元気は美味しくないと思う」「そこまで美味しそうに食べない」などと言っていますので、猫の食いつきは微妙なのでしょう。もちろん着色料を使用しているから人間の見た目的には美味しく見えるのでしょうが、猫自体が美味しそうに食べてくれていないと飼い主さんも理解しているのでしょう。

また、ユニチャームペットケアというメーカー自体がペットフードメーカーとしてはイマイチ信頼出来ないなどの声も見受けられました。

キャットフードおすすめランキング【評判の良い無添加フード】

キャットフードは各ライフステージ(子猫・成猫・老猫)によっても選び方が異なります。
猫が本来求めている栄養素は基本的には一緒なので、必要な栄養素が水準と比較してどうなのかもチェックが必要です。

その他にも国産、外国産やウェットタイプ、ドライタイプなど様々な種類があるので飼い猫に合ったキャットフード選びが重要になります。

以下のページにて評判の良い無添加フードをランキング形式でご紹介するので是非ご覧ください。


キャットフードおすすめランキング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>