良いキャットフードを選ぶための原材料・成分表の見方

2015y01m13d_181552778

良いキャットフードを選ぶためには、原材料と成分表を見る力が必要です。今回はキャットフード選びが初めての方でも分かりやすいように原材料・成分表の見方を紹介させて頂きます。

原材料の見方

↓カナガンキャットフードの原材料

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

↓キャラットミックスキャットフードの原材料

穀類(とうもろこし/コーングルテンミール/小麦粉/中白糠/ホミニーフィード)/肉類(ミートミール/チキンミール/ささみパウダー)/魚介類(フィッシュミール/フィッシュパウダー/かつおパウダー/等)/油脂類(動物性油脂/月見草オイル)/大豆ミール/オリゴ糖/野菜類(キャベツパウダー/にんじんパウダー/ほうれん草パウダー/かぼちゃパウダー)/ビール酵母/ビートパルプ/β-グルカン/ミルクカルシウム/グルコサミン/ローズマリー/バジル/ミネラル類(カルシウム/リン/カリウム/ナトリウム/塩素/鉄/銅/マンガン/亜鉛/ヨウ素)/ビタミン類(A/D/E/K/B1/B2/B6/パントテン酸/ナイアシン/葉酸/コリン)/アミノ酸類(メチオニン/タウリン)/食用黄色5号/食用黄色4号/食用青色1号/食用赤色3号/食用赤色102号/酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

原材料の一番最初を確認(上記の赤字)

キャットフードの良しあしが一番良くわかる箇所は原材料の一番最初の部分です。原材料では一番多く使用されている順に原材料が記載されていますので、最も多く使用されている原材料が肉・魚なのか穀類なのかを確認しましょう。

一番最初に穀類が記載されているキャットフードは良いフードとは言えません。一方肉・魚が記載されているフードは良いフードと言えます。ネコは本来肉食動物ですので、出来るだけタンパク源となる肉や魚が記載されている方が良いのです。それに穀類は消化が難しく、アレルギーの原因となることも多いですから。

添加物の有無確認(上記の黄色マーク)

原材料に猫の健康に良くない合成着色料や香料、酸化防止剤などが含まれていないかどうかの確認をしましょう。

上記の原材料を見るとカナガンには合成着色料や香料、酸化防止剤は見られませんが、キャラットミックスでは合成着色料がたくさん使用されていることが分かります。着色料は猫にはなんの栄養にもなりませんので、このような添加物が多いキャットフードは避けるのが良いでしょう。

成分表の見方

↓カナガンキャットフードの成分

水分7.0%、粗タンパク37.0%、脂質20.0%、粗繊維1.5%、粗灰分8.5%

↓キャラットミックスキャットフードの成分

水分10%以下、粗タンパク質27.0%以上、粗脂肪8.1%以上、粗繊維4.0%以下、粗灰分9.0%以下

成分表を見る時に大切な事はたんぱく質と脂質です。成分表では粗タンパク質或いはタンパク質、粗脂質、脂質など粗付き粗無しで記載されていることがありますが、これは特別気にする必要はありません。

猫は本来肉食動物で、高タンパク・高脂質の食事を必要とする動物ですので、タンパク質と脂質が高いキャットフードを与えてあげることが大切ですので、タンパク質・脂質が低いフードは避けましょう。タンパク質や脂質の数値が低いフードの場合、大抵が炭水化物が多めです。ネコは高たんぱく・高脂質・低炭水化物の食事が理想的ですので、低タンパク・低脂質・高炭水化物となりえるフードはオススメ出来るフードではありません。

大体のキャットフードの成分表では炭水化物の数値は記載されていませんが、タンパク質と脂質の数値が低いフードは大体炭水化物の数値が高めになっていますので、タンパク質と脂質がしっかり確保出来ているフードを選ぶようにしましょう。

コメントを残す