猫に本来必要な栄養素と栄養成分

2015y02m12d_130841137

キャットフード選びの際に、是非知っておいてほしいことは猫に本来必要な栄養の事です。どんな栄養を毎日取ることが大切なのかを知っていればキャットフード選びでも失敗することがなくなります。そこで、今回は猫が本来必要としている栄養について紹介させて頂きます。

猫が本来必要としている栄養

たんぱく質
脂質
炭水化物
ビタミン
ミネラル

猫が必要としている栄養素はタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの五つです。これらの栄養はそれぞれなんらのために必要なのか、猫にとってどのくらい重要性が高いのか、異なっています。そのため、それぞれの栄養がどのように猫に役に立つのか、どのくらい猫は必要としているのかをしっかり理解しておきましょう。

猫にとってのタンパク質

五大栄養素の中で最も大切なのがタンパク質です。

たんぱく質は筋肉、血液、血管、皮膚、被毛など体のあらゆる組織を形成するために欠かすことの出来ない栄養素です。タンパク質が不足していれば筋力が低下したり、血管の老化が進んだり、皮膚や被毛のトラブルの原因になったりしてしまいます。そのため、しっかりタンパク質を摂取することが大切です。

特に犬や猫のような肉食動物は高タンパクを必要としています。さらに、猫は積極的にタンパク質が分解されるからだの構造上犬よりもタンパク質の要求量が高いのです。そのためキャットフードを選ぶ際には高タンパクであるフードを選ぶ必要があります。

また、たんぱく質は穀類から摂れる植物性タンパク質、赤身の肉から摂れる動物性タンパク質がありますが、猫の消化器官の仕組上植物性タンパク質は消化が難しく、動物性タンパク質が消化吸収において優れていますので、肉が多いつまり動物性タンパク質が多いフードを選びましょう。

猫にとっての脂質

脂肪の中で必須脂肪酸は皮膚や被毛の健康を維持するために大切な栄養素です。また、脂肪は脂溶性ビタミンの吸収を助ける役割もあります。

脂肪は取り過ぎると肥満の原因になったりすることもありますが、皮膚や被毛の健康を守ったり、新陳代謝を行ったり、ビタミンの吸収を助けたり、エネルギー源となったりする重要な栄養素です。

それに猫は脂肪を人よりも多く必要とする動物ですので、高脂質のフードが本来猫にとっては理想的なフードなのです。

猫にとっての炭水化物

炭水化物ははっきり言って猫にとって重要度は低いです。

キャットフードではトウモロコシ、コメ、大豆など炭水化物が多く摂れるフードが多いですが、猫には炭水化物はあまり必要なく、むしろ炭水化物を多く摂取してしまうと肥満になったり、高血糖、尿糖、下痢の原因になることがありますので、炭水化物が多いフードには気を付けなければなりません。

もちろん炭水化物の繊維質は腸の健康を維持するために大切な役割を果たしますが、炭水化物は適量をついでに摂取しておいていれば問題ないです。

猫にとってのビタミン

ビタミンは体の調子を整えるのに大切な栄養素です。主にビタミンAが感染予防、ビタミンB2が皮膚や被毛の健康維持、ビタミンKが出血時の止血の役割などをそれぞれ果たしてくれます。

ビタミンは主に野菜や魚などに多く含まれていますので、それらもしっかり含まれるキャットフードを選んでおくことが大切です。

猫にとってのミネラル

ミネラルは微量ながらも猫には必要な栄養です。キャットフードでは原材料の肉や魚などからミネラルを摂取することが出来ます。主にカルシウムが骨や歯の形成に大切です。

コメントを残す