毛玉対策の毛玉ケアキャットフードはあまり必要ない

2015y02m12d_160009821

キャットフードを選ぶ際に毛玉ケアのキャットフードを選んでいる方も多いと思いますが、実は毛玉ケアキャットフードはそこまで必要ありません。今回は毛玉対策用のキャットフードに関して解説させて頂きます。

毛玉ケアキャットフードの目的

そもそも毛玉ケアキャットフードはなんのためにあるのか。

それは猫ちゃんが毛づくろいのために体を舐めた際に呑み込んでしまった毛(体内で毛玉になる)を体外にスムーズに排出するためです。

体の中に毛玉が溜まると食欲不振の原因になったり、毛玉を吐きだす嘔吐が多くなったり、毛球症になったりすることがあるために、毛玉を便と一緒にスムーズに排出するため食物繊維が豊富に含まれた毛玉ケアキャットフードが販売されているのです。

そもそも猫は嘔吐することが自然な事

毛玉ケアを購入される方の多くは「毛玉を嘔吐する姿がかわいそう」という事から毛玉ケアキャットフードを検討されることが多いですが、猫ちゃんにとって嘔吐するというこういはごくごく自然な事です。そのため人間のような大きな負担はありません。

また、猫は確かに毛球症は呑み込んだ毛が体内に毛玉の状態で長く多く留まり吐きだせなくなることで起こる病気なのですが、実際には猫は生理的な正常な反応による嘔吐により毛玉を吐きだすので、毛球症になることは多くありません。

毛玉ケアキャットフードには問題点がある

毛玉ケアキャットフードは体内の毛玉を繊維質により体外に便と一緒に排出してくれる作用がありますので、そのような点だけを考えれば悪いキャットフードではありません。そのため毛が長い長毛種のネコちゃん、毛玉の嘔吐の回数が多い、便秘気味の子にはそれなりに良い効果を発揮してくれるでしょう。

ただ、この毛玉ケアキャットフードにはそれらの良い点だけではなく悪い点もあるのです。それは、繊維質が多い事に問題があります。繊維質が多いキャットフードということはつまり炭水化物が多いフード、もっと言えば穀物が多いフードという事になります。

毛玉ケアキャットフードはトウモロコシや米、大豆など穀物が多くメインで使用されているので、猫が本来求めている高タンパク低炭水化物の栄養バランスに反し低タンパク高炭水化物という栄養バランスになってしまうため炭水化物の取り過ぎで肥満の原因になってしまいます。また、繊維質の取り過ぎは逆に便が出にくくなり便秘になってしまうこともあります。

そのため特別毛玉の排出に困っていないのであれば、わざわざ穀物が多いような毛玉ケアキャットフードを選ぶ必要はありません。

コメントを残す