毛玉ケアキャットフードと普通のキャットフードの違いは?どっちが良いの?

2015y02m12d_162226785

キャットフードで選びで毛玉ケアと記載されているフードとそうじゃないフードを見かけると、「毛玉ケアと書かれているのとそうではないのでは何が違うのか」「毛玉ケアと普通のどっちが良いのか」疑問が生まれたり、どっちか迷ったりしますよね。今回は毛玉ケアと普通のフードの違いを紹介させて頂きます。

毛玉ケアと普通のキャットフードの違い

毛玉ケアは文字通り毛玉対策の事です。

猫は暇さえあれば自分の体を舐め、毛並を綺麗に整えています。その際に毛を飲み込んでしまうのですが、その毛を体外に排出してくれるように配慮して作られたのが毛玉ケアのキャットフードです。

体内に入った毛は毛玉となり、吐きだすことになるのですが、その嘔吐の負担を減らすために便と一緒に排出するような毛玉ケアなるフードが現れたのです。そのため毛玉ケアのキャットフードには通常のキャットフードに比べて多くの食物繊維が含まれています。成分の粗繊維を見れば分かりますが、毛玉ケアはその粗繊維の数値が通常のフードより高くなっています。

毛玉ケアと普通のキャットフードどっちが良い?

正直なところ普通のキャットフードで大丈夫です。

毛玉ケアは確かに毛玉を便と一緒に排出させてくれるという点で利点がありますが、悪い面もあります。それは、猫の消化吸収に優れない穀物が多いこと、猫が求める動物性タンパク質が少ないこと、繊維質が多く逆に便秘になることがあること、消化しにくい原材料が多く使用され逆に嘔吐の原因となることなどです。

このように毛玉ケアは良い点もありますが、悪い点もあります。そのため、特別毛玉ケア用のキャットフードを獣医師により推奨されていない限りは特別毛玉ケアのキャットフードではなくても大丈夫です。

それに毛玉ケア用のキャットフードではなくても便の調子を整えてくれる繊維質の栄養素は普通のキャットフードにも含まれています。毛玉ケアは単にその繊維質の量が多いという事だけです。普通のネコちゃんであれば通常のキャットフードに含まれる繊維質で十分です。それに繊維質が多くなることは炭水化物の取り過ぎになることがありますので、炭水化物の取り過ぎにならないためにも高タンパク低炭水化物の普通のキャットフードを選んでおいた方が栄養バランスがしっかり保たれやすいと言えます。

コメントを残す