国産と外国産キャットフードそれぞれの特徴の違い

2015y01m14d_141324641

国内産のキャットフードと外国産のキャットフードではそれぞれどのような特徴の違いがあるのでしょうか。今回は国産と外国産それぞれの特徴と違いを紹介させて頂きます。

国産キャットフードの特徴

価格が安い
味付けのレパートリーが豊富
見た目が美味しそう

国内産のキャットフードの大きな特徴は、価格が安いこと、味付けの種類が多いこと、見た目が美味しそうに工夫されていることです。

国産のキャットフードは仕入コストが高い肉や魚よりも仕入コストの安い穀類を主原料としていることが多いので、販売価格が外国産に比べ圧倒的に安いです。そのため飼い主さんのお財布に優しいキャットフードと言えます。

また、猫ちゃんが飽きないように様々な味付けを豊富に用意していることが多いです。外国産が一つの味付けしか用意していないのに対し、国産は何種類もの味付けを用意して、猫ちゃんが飽きても違う味を楽しめるように工夫していることが多いです。

そして見た目にも工夫がされています。飼い主さんに美味しそうに見えるように色を付けて見た目的にも美味しそうに見えるようにされているんです。

外国産キャットフードの特徴

価格が高い
主原料は肉や魚
栄養価が高い

外国産のキャットフードの特徴は、価格が高いこと、主原料が肉や魚であること、栄養価が高いことです。

外国産のキャットフードは栄養価が高く、主原料に仕入コストの高い肉や魚を使用しており、価格が国産のキャットフードに比べて高いです。

猫が求める動物性タンパク源を確保するためには仕入コストが高い肉や魚をたくさん使用する必要がありますし、使用する素材も人間が食べられる安全で栄養価の高い食材を使用するとなると、仕入コストが安い穀類をたくさん使用している国産に比べてどうしても価格が高くなるのです。ただ、その反面猫が本来求める動物性タンパク質をしっかり確保しつつ、様々な栄養価をバランス良く取れるのです。

国産と外国産どちらがオススメなのか

キャットフードに関しては外国産がオススメです。

国産のキャットフードは猫の健康のための原材料や栄養バランスというよりも、価格を少しでも安く抑え、飼い主さんに喜んでもらえるような味付けの豊富さ、美味しそうな色付けなど飼い主さん目線を重視している傾向がありますので、猫に本当に喜んでもらえるようなキャットフードを見つけるのは難しいです。

一方、外国産のキャットフードは猫本来の健康のために必要な栄養素を考え抜き、不要な色着けや穀類を省き、猫のための栄養バランス、素材選択を考え、猫の健康・嗜好性重視に作られているので、猫のためを考えるならば国産より外国産の方が良いと言えます。

コメントを残す