フリスキーキャットフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2015y01m09d_175529786

フリスキードライキャットフードの原材料・成分を解説しつつ、一緒にフリスキーキャットフードの口コミ・評判を紹介させて頂きます。

フリスキーキャットフードの原材料・成分チェック

原材料

穀類(とうもろこし、小麦、コーングルテンミール等)、肉類(家禽ミール、チキンパウダー、チキンレバー、ビーフミール等)、豆類(大豆ミール)、油脂類(動物性油脂、植物性油脂)、たんぱく加水分解物、魚介類(ツナミール、魚介エキス)、野菜類(野菜パウダー)、卵類(卵)、乳類(ミルクパウダー)、ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、着色料(食用赤色2号、食用黄色4号、食用黄色5号)、香料

成分

粗たん白質26%以上粗脂肪8%以上粗繊維4.5%以下粗灰分9%以下水分12%以下(マグネシウム0.1%:標準分析値)

フリスキーキャットフードは穀類が多いです。トウモロコシ、小麦、コーングルテンミール以外にも等と記載されており、他にも穀類が使用されているようです。穀物が多いキャットフードは本来高たんぱくで低炭水化物を理想とする猫に反し低タンパク高炭水化物になりやすいので、良いフードとは言えません。実際フリスキーキャットフードの成分を見てみると粗たん白質が26%以上となっていますので、タンパク質が少なく猫のたん白質不足を招く可能性があります。

また、油脂では動物性油脂、植物性油脂を使っていますが、このようにどの動物の油脂かどの植物の油脂か分からない原材料を使用しているキャットフードは良いフードとは言えません。それに合成着色料や香料を使用している点もオススメ出来ないフードの特徴です。

フリスキーキャットフードは肉が少なく美味しそうな風味を出すために香料を使っているのでしょう。また、飼い主の方に美味しそうなキャットフードであると思ってもらうように合成着色料を使っているのでしょうが、これらは猫にはなんのためにもならない添加物ですので、このような添加物は避けた方が無難です。

フリスキーキャットフードの口コミ・評判

1.フリスキーはあまり良くないと聞いた

2.私もフリスキーを与えていたのですが、雄猫がオシッコがつまってしまいやめましたよ。実家の雌猫もフリスキーだったのですが、これまたオシッコがつまってしまい、先生に、すこし高くてもいい物を与えてください、と言われたそうです。

3.友人宅の猫が「フリスキー」を食いません。。。

4.我が家はフリスキー使ってます!
が、食べてる途中で砂かけ行動をするので、あまり美味しくないのかもw

フリスキーの評判ははっきり言って良くないです。フリスキーのキャットフードの口コミとして多かったのが「食いつきが悪い」「美味しくなさそう」という声でした。フリスキーを与えても美味しそうに食べてくれないので、他のフードへの切り替えを検討するなどの飼い主さんが多いみたいです。

フリスキーは合成着色料や香料をしているため一見すると美味しそうなキャットフードに思えますが、猫の食欲を駆り立てる動物性タンパク源である肉は品質も低く量も少なく、代わりに消化しにくい穀物がかさましとして多く使用されているので、猫もあまりガッツリてくれないのでしょう。もちろん猫ちゃんそれぞれに相性があり、食いついてくれる子もいるでしょうが、フリスキーキャットフードはオススメ出来るフードではありません。

コメントを残す