ハッピーキャットキャットフード原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2015y01m14d_163247581

ハッピーキャットのキャットフード原材料・成分、口コミ・評判が気になっている方のためにハッピーキャットの原材料・成分をチェックしつつ、口コミ・評判を紹介させて頂きます。

ハッピーキャットの原材料・成分チェック

原材料

ミートミール17.5%(うち70% がビーフミール)、トウモロコシ粉、トウモロコシ、米粉、チキンミール(12%)、家禽脂、牛脂(3%)、加水分解レバー、ビートファイバー、(乾燥) ヘモグロビン、乾燥レバー、アップルファイバー(0.7%)、乾燥卵、塩化ナトリウム、(乾燥) イースト、塩化カリウム、(発酵) 大麦(0.3%)、(乾燥) 海草(0.2%)、亜麻の種(0.2%)、チコリの根(0.04%)、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、樺の葉、イラクサ、セージ、コリアンダー、ローズマリー、タイム、スペインカンゾウ、カモミール、セイヨウナツユキソウ、ラムソン(全体に占めるハーブの割合:0.17%)

成分

粗タンパク質 – 30.0 %、粗脂肪 – 12.0 %、粗繊維 – 2.5 %、粗灰分 – 6.0 %、カルシウム – 1.05 %、リン – 0.70 %、カリウム – 0.45 %、ナトリウム – 0.40 %、マグネシウム – 0.07 %、代謝エネルギー:345.3kcal / 100g

ハッピーキャットはミートミールが主原料になっています。そして2番目の記載にはトウモロコシ粉、3番目にトウモロコシが記載されており上位2つをトウモロコシが占めているのがちょっと気になる点です。トウモロコシのような穀類が多いフードの場合どうしても植物性タンパク質が多くなったり、炭水化物が多くなったりしてしまいますので、出来れば上位は肉や魚で占めている方が良いでしょう。

またそれら以外には問題のある添加物は特別使用していませんし、ビタミンやミネラルに関しても添加というより食材から自然に取れるものにしているので、猫に優しいキャットフードと言えます。

ハッピーキャットの口コミ・評判

1.ハッピーキャットはドイツのフードで、療法食なども作っているメーカーですが、お腹が弱いなど、健康面に心配がある猫ちゃんにぜひお勧めしたいです。

2.うちのネコは気に入りました

3.軟便・嘔吐などは診られません

4.よく食べます。他のに比べ塩っけ多めかな、混ぜて与えるときは塩分注意

ハッピーキャットの口コミの数は少ないのですが、評判としては悪い評判が見られず、ハッピーキャットをお勧めする声や愛猫ちゃんがしっかり食べてくれたなどの良い声が多かったです。

ハッピーキャットは300kg辺り1000円ほどの価格帯になっていますので、ちょっぴりその価格の高さが微妙だと感じる方もいますが、原材料を見る限りトウモロコシを多く使用している点以外は良いフードだと言えます。ハッピーキャットが気になっている方は一度試してみると良いのかもしれません。

コメントを残す