キャットフードの種類【ドライ・ウェットタイプの違い】

2015y01m13d_174251069

キャットフードには主にドライタイプとウェットタイプの二種類があるのですが、ドライタイプとウェットタイプとはどのように違うのか、どんな用途にそれぞれが適しているのか紹介させて頂きます。

ドライタイプのキャットフード

キャットフードと言えばドライタイプです。

ドライタイプは主に水分量が約10%以下の物を指します。いわゆる硬く乾燥したカリカリのことです。こちらはメインで猫ちゃんに与える毎日の総合栄養食として利用されます。

ドライタイプのキャットフードはウェットタイプに比べ価格が安く、栄養価のバランスが優れているので、毎日与えるメインとして経済的にも栄養価的にも優れている特徴があります。また、それら以外にもドライタイプはカリカリで硬いために歯に付いたり、残りにくく、歯周病、口臭の予防にも繋がります。

ウェットタイプのキャットフード

ウェットタイプは水分量が約75%以上の物を指します。

缶詰やパウチタイプのキャットフードなんかがウェットタイプに該当します。こちらはドライフードのように毎日のメインとしてではなく、間食やおやつ或いはご褒美用として利用されることが多いです。

ウェットタイプのキャットフードは水分量が多く、主原料の肉や魚が原形を残している状態なので、猫ちゃんの食いつきが良く、食欲不振解消に最適です。ただ、こちらはドライタイプのキャットフードと違って価格が高く、栄養価のバランスも優れていませんし、歯に付いたり残りやすいために歯周病や口臭の原因となることがあります。

ドライとウェットタイプの使い分け

ドライタイプとウェットタイプの使い分けとしては、ドライタイプをメインにウェットタイプをサブにして利用するのが良いでしょう。

メインには栄養価が高いことが最優先されますので、栄養バランスの優れたドライタイプを使用して、たまのご褒美や食欲不振の際の間食やおやつとして嗜好性の高いウェットタイプを与えてあげるようにするのが理想的な使い分けです。

また、たまに猫ちゃんが美味しそうに食べてくれるからと言ってウェットタイプのキャットフードを頻繁に与えたりする飼い主さんがいますが、そのように頻繁に与えていると肝心のドライフードを全く食べてくれないということがありますので、メインをドライタイプとして利用するのであれば、サブのウェットタイプの与えすぎには十分に注意しておきましょう。

コメントを残す