キャットフードの主原料は肉と魚どっちが良いの?

2015y02m12d_173910746

キャットフードの主原料ではチキンなどの肉、サーモンなどの魚が使われることが多いのですが、主原料には肉と魚どっちが良いのでしょうか。

基本的には魚よりも肉

キャットフードでは基本的に肉がオススメです。

猫と言えば魚というイメージを持たれている方が多いですが、猫が魚好きだと思っているのは世界でも日本ぐらいです。日本のネコは魚を食べる習慣があり、魚好きだと思っている人が多いですが、海外の猫はほとんど魚を食べず肉を食べています。

そもそも本来猫は肉を食べる動物ですので、魚はあまり食べません。日本の猫が海外の猫と違って魚を食べるのは、日本が島国で昔から肉よりも魚がメインのおかずとして食卓に並べられてきたことが影響しているのです。

一般的な食卓で魚がメインだったために、飼い猫にも魚が与えられ、猫は魚を食べるイメージがすっかり定着してしまったんです。ただ、やっぱり猫は肉食動物ですので、魚よりも肉の方が重要です。猫はタンパク源を多く必要とする動物ですので、よりタンパク源が豊富な肉がオススメなんです。

魚に偏らないようにすることが大切

猫には肉がオススメですが、魚が悪い訳ではありません。魚には猫が体の中で合成することの出来ない必須アミノ酸であるタウリンが豊富に含まれています。実際昔から猫が魚を食べてきた背景にはタウリンが豊富に含まれており、栄養価が高いという事もあります。

そのため猫にとって魚もキャットフードの重要な主原料となりえるのです。ただ、魚には不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。この不飽和脂肪酸は摂り過ぎると黄色脂肪症になることがあります。ですので、魚に偏った食事は良くありませんので、出来るだけ魚に偏らず肉も与えるようにしましょう。

また、この黄色脂肪症はビタミンEを摂取することで予防することが出来ます。なので、魚を与える際にはビタミンEも同時に摂取させてあげることが大切です。魚は栄養価が高く必須アミノ酸のタウリンも豊富に含まれタンパク源も豊富ですので、偏りさえしなければ重要な栄養源になります。そのため、魚をメインで与えているという方、これから魚を主原料として考えている方は魚に偏りすぎないようにバランスをしっかり考えるようにしておきましょう。

コメントを残す