アレルギー対策にはどんなキャットフードが良いの?

2015y03m02d_155431584

飼い猫のアレルギーに悩んでいる飼い主さんは多いですが、アレルギー対策のためにはどんなキャットフードを選べば良いのか悩んでしまいますよね。今回はアレルギー対策としてどういった事に注意してキャットフードを選んでいけばいいのか紹介させて頂きます。

猫のアレルギーについて

猫のアレルギーの原因は様々です。

その中でも代表的なのが食事が原因で起こりえる食事過敏症です。食事過敏症は文字通りある特定の食品を食べることで体が過敏に反応してしまいアレルギーを引き起こすというものです。

食事過敏症のアレルギーは顔や首回りに皮膚炎の症状が出ますので、そのような症状が出てきた場合には常用で与えているキャットフードの中にアレルギーとなる食品が含まれている場合がありますので、キャットフードを見直す必要が出てきます。

また、食事過敏症以外にはノミや首輪などが原因で起こる接触性皮膚炎というアレルギーもありますが、猫の場合キャットフードが原因でアレルギーが起こることが多いので、まずはキャットフードを優先的に見直してみる必要gああります。

アレルギー対策のキャットフード選び

アレルギー対策として大切な事は至ってシンプルです。

まず、乳製品、牛肉、トウモロコシ、小麦、白米などのアレルギーを引き起こすことが多い食材を含んでいるキャットフードを避けることです。アレルギーの原因となる食品は猫ちゃんそれぞれによって異なりますが、やはりアレルギーが出ることが多い食材を含むキャットフードを省いてしまうのが最も効率が良いです。また、猫ちゃんのアレルギーの原因となっている食品を特定することは難しいので、とにかく可能性の高い食品を含まないキャットフードを選ぶようにしましょう。

また、アレルギー反応を引き起こす可能性が高い食品を含むキャットフードを避けるだけではなく、人工添加物の多いキャットフードを避けることも大切です。添加物が多ければ多いほど猫ちゃんには負担になります。その添加物も猫の皮膚を健康的な状態から不健康な状態へと追いやってしまう大きな原因となりますので、合成着色料・保存料・香料・酸化防止剤など害が有りえる添加物が含まれるキャットフードも避けましょう。

キャットフードは原材料表記を見れば、アレルギーとなりえる食材、健康を損ねる可能性がある添加物が含まれているかどうかはすぐに分かりますので、キャットフード選びの際にはぜひとも入念に原材料表をチェックしてみましょう。

 

コメントを残す